草津/草津市/滋賀県検索サイト/滋賀県美容業生活衛生同業組合

ウキペディア参照

草津市(くさつし)は、滋賀県の南部に位置する市。大津市に次ぐ県下第二の都市である。

可住地面積人口密度(2,697人/km2、2010.11末)もまた大津市に次いで高く、10倍以上の面積を持つ高島市の2.19倍の人口を有する。滋賀県内の交通の要衝となっている(後述)ほか、企業の滋賀支店・営業所が県庁所在地の大津市ではなく当市に置かれることも多い

江戸時代には東海道と中山道が接する宿場町(草津宿)として栄えた。また、近年はJR東海道本線・草津線、国道1号・名神高速道路・新名神高速道路など日本を東西に結ぶ交通網を有しており、近世から現代にわたって交通の要衝となっている。温泉で有名な草津町(群馬県吾妻郡)とは1997年(平成9年)9月8日から友好都市提携を結んでいる。

草津の歴史

織田信長は、室町将軍足利義昭から提示された管領または副将軍の職を辞退し、代わりに堺・大津・草津の支配権の承認を求めた。当時、草津は東海道・中山道および湖上交通を結ぶ交通の要衝として、貿易港の役割を持つ堺や京都の外港としての役割を持つ大津と並び重視されていた。
江戸時代 - 東海道と中山道の宿場町(草津宿)として発展した。
1954年(昭和29年)10月15日 - 草津町と近隣の老上村、笠縫村、志津村、山田村、常盤村(すべて栗太郡)が合併し、草津市となる。
1956年(昭和31年)9月1日 - 栗太郡栗東町(現在の栗東市)大字渋川(旧治田村の一部)が栗東町から草津市に編入(現在の渋川地区)し、今日の草津市の市域となる。

草津情報

草津

草津市/滋賀県検索サイト/滋賀県美容業生活衛生同業組合 

広告

拓夢書房・ロゴマーク
滋賀県美容業生活衛生同業組合
滋賀県美容業生活衛生同業組合

 滋賀県の美容組合はがんばっています!
 会員のお店には未来があります
 組合員どうし助け合いながら
それぞれの店が笑顔を提供しています。